外国人技能実習生事業 受入れについて

技能実習生 人数枠について

貴社の常勤職員数で決定される「1年間で受入れ可能な技能実習生の枠(最大人数)」です。
たとえば、貴社の従業員数が50人以下の場合、監理団体(幣組合)を通して
実習生を受け入れる事が出来る実習生の人数は、1年間で最大3人までとなります。

受け入れ企業の常勤職員数
1年間で受け入れ可能な
技能実習生の最大人数
301人以上
常勤職員の5%
201人以上300人以下
15人以内
101人以上200人以下
10人以内
51人以上100人以下
6人以内
50人以下
3人以内
  • ※団体管理型は企業単独型よりも「受入れ人数枠」が緩和されています。
例.常勤職員数が51人以上100人以下の企業様の場合(最大18名の受け入れが可能)

  1年目 2年目 3年目 4年目
1期生 技能実習1号 6名 技能実習2号 6名 技能実習2号 6名 満了帰国
2期生   技能実習1号 6名 技能実習2号 6名 技能実習2号 6名
3期生     技能実習1号 6名 技能実習2号 6名
4期生以降       技能実習1号 6名
合計 6名 12名 18名 18名

お問い合わせ
ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 中国 ベトナム インドネシア 研修生 技能実習生 は新電電事業協同組合 All Rights Reserved.