インターンシップ生制度について

インターンシップ生制度 概要について

ベトナム

インターンシップとは、外国の学生が学業の遂行及び将来の就業に資するものとして授業の一部として、大学と日本企業の契約に基づき企業から報酬(滞在費)を得て、企業の業務に従事する活動のことを言い、日本の国が認めた滞在資格のことです。

1、学生が日本で得るビザは就労ビザの特定活動、あるいは文化活動
2、滞在期間は一年間を超えない期間

お問い合わせ

受け入れ先 研修例

ベトナム

日本語学部は現在でも授業のカリキュラムの中で、3年〜4年生在学時に、在中国の日本企業などで実施研修を行っています。この研修を行わないと、卒業に必要な単位取得はできません。インターンシップへの取り組みは、日本語学部の学生として現在中国国内で行っている研修を日本で行うものです。学生は将来旅行業界や観光業界を志す学生であり、日本での研修は学生にとっても受け入れ先のホテル、旅館にとっても有益なものとなります。

項目
詳細内容
研修先
日本の有名ホテル、旅館
研修期間
約1年間
入国資格
インターンシップ(特定活動、または文化活動)
研修内容
フロント業務を含むホテル、旅行業務全般の研修を行い、日本語のレベルアップ、日本のサービス業、マネージメントの研修
単位
研修終了とその報告(論文等)にて卒業必要単位取得

お問い合わせ

受け入れ先(ホテル)の研修例

インターンシップ制の研修例(※一例)を以下にご紹介いたします。

項目
詳細内容
入国1〜3カ月前
●面接及び事前講義 ●事前講習 ●出発準備
入国1〜12カ月
●講習と実習 ●授業の一環(単位の取得)
1〜6カ月目
●基礎日本語の向上 ●日本人従業員とのコミュニケーション
●洗い場 ●宴会片付など ●宴会準備 ●客室準備 
●客室清掃など ●簡単なお出迎え ●簡単なご案内 ●接客業務
7〜12カ月目研修内容
●お客様にサービスできる日本語の向上 ●お客様のご案内
●研修生個々の能力により内容調整 ●本格的な接客業務 
●宴会等の運営業務 ●フロント受付業務電話受付業務
●マネージメント研修
帰国
●在籍学校に復学

お問い合わせ
ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) 中国 ベトナム インドネシア 研修生 技能実習生 は新電電事業協同組合 All Rights Reserved.