ETC事業 について

ETC法人カード導入の流れ

高速道路はETC

各道路公団が民営化され、大口・多頻度割引、時間帯割引など、様々な割引制度が行われるようになりました。しかし、これらの割引制度は全て「ETC車載器の導入」が前提条件になっています。ただ、企業が自社で導入すると、ETC法人カードの専門知識をもった担当者が必要になり、また、複雑な請求書の経理処理に困ってしまうなどの問題があります。 弊組合は、車載器のあっせん、廉価販売、リース、セットアップなどのサービスを行っています。

【新電電事業協同組合 ETC法人カード導入で、3つのラクラク】

ETC ETC法人カードを使用すれば、料金所をらくらく通過。運転手の方が、小銭を探したり両替したりといった手間が省けるので負担の軽減になります。レシートを紛失するといったケースもなくなりますので、事務ご担当者様のご負担も大幅に軽減されます。

ETC ETC法人カードでのお支払いは料金一括後払い。ご利用月の翌月中旬に、請求明細書をご発送いたします。お支払いは、ご利用月の翌々月となっておりますので、お支払いまでの間、資金を有効に活用出来るのです。

ETC ETC法人カードのご利用で発行・郵送する請求明細書には、カード単位に、[日付][通行時間][通行高速道路管理会社名][車種][使用した車両番号][利用ICの明細][入出料金所名][通行料金額][ポイント還元額][後払い金額][割引内容]等が明記されておりますので、通行料金の管理はもちろん、車両の管理にも有効。

お問い合わせ
ページトップへ戻る
Copyright(C) ETC法人カードは全国対応で信頼と安心の新電電事業協同組合 All Rights Reserved.